info palau

パラオの基本情報


アクセス

日本から来島の場合、下記がご利用頂けます。

ユナイテッド航空(グアム経由・毎日・全国主要空港より)
日本航空便(成田空港・関西国際空港・中部国際空港より)
デルタ航空(直行便週2便程度・成田空港より)
大韓航空(ソウル経由・週2便程度・全国主要空港より)
中華航空(台北経由・週2便程度・全国主要空港より)


ビザ と パスポート

ビザは30日以内の観光目的であれば必要ありません。入国時に6ヶ月+滞在日数以上の残存有効期限が必要です。最長90日まで滞在可能です。30日延長につき$50必要です。イミグレーションオフィスにて対応してくれます。2010年9月15日時のデーターとなります。詳しくは、旅行会社・パラオ政府観光局などにお問い合わせ下さい。


運転免許

30日以内であれば日本の運転免許で運転ができます。空港かコロールの街中にいくつかレンタカー店もあります。


時差

日本との時差はありません。


国内交通

鉄道はなく、タクシー・レンタカー・シャトルバスを利用することになります。2009年4月現在、BBIバスが、シャトルバスを運行しています。主要なホテル・レストラン・ショッピングセンターを結んでいます。運行間隔は30分程度。1週間有効のパスポートが$7です。ホテルのフロントでも販売しています。


通貨

島内で使われているのは「US$」です。パラオ国内の銀行で円→ドルの換金はレートが悪く日本よりも10円~30円以上違いますので、 日本で両替する事をお勧めします。クレジットカードの使えるお店も増えてきていますが、まだまだといった感じです。T/Cはたいてい受け取ってくれます。日本円はまず受け付けてくれません。US$に換金して来てください。


電圧

110V 60Hzですのでほとんどの日本製のものはそのまま使えます。プラグは日本と同形状です。


出国税 と グリーン税

帰国時に空港で出国税$30(2012年10月1日より)とグリーン税$15が必要です。現金 及び T/C しか受け付けてくれませんのでご注意ください。
グリーン税は2歳以下無料/出国税は3歳以下無料


言葉

パラオ語と英語です。彼らの話す英語はとても聞き取りやすく、コミュニケーションしやすいと思います。パラオ人の ダイビングガイドには、簡単な日本語を話せる人も多くいます。


気候

年間平均気温27.2度 海洋性熱帯気候です。年間を通して Tシャツ と ショートパンツでOKです。グアム~パラオの コンチネンタル航空の機内は結構寒いのでトレーナーなど1枚あるとよいと思います。



チップ

チップの習慣はないので基本的には不要ですが、ホテルのポーターさんが部屋まで荷物を持ってくれた時など、荷物ひとつにつき$1程度をあげてはいかがでしょうか?